2021.02.02

ボルト・ナットの基礎知識

ネジは様々な用途で使用されており、その大半はボルトやナットによる締結用途です。代表的な部品であるボルト・ナットの基礎知識として、それぞれの種類や特徴を分かりやすくご紹介します。

締め付ける力を重視する

JISではボルトについて「一般にナットと組んで使われる雄ネジ部品の総称」と定義しています。ネジとボルトの違いは何か?とよくご質問を受けますが、ボルトもネジという大きな概念の中に含まれると考えておけば間違いはありません。

ボルトの頭部にある記号と数字の刻印は、メーカーの識別表記とボルトの強さを示したものです。
例えば「4.8」と刻印されている場合、最初の「4」は「1 m㎡当たりここまではボルトが切れません」という意味の「最小引張荷重」を示します。単位はニュートンで、この場合は100を掛けて約400Nとなります。
右の「8」とは「耐力」のことで、「ここまでの荷重で使用してください」という意味です。単位は%で、この場合は80%となります。つまり、このボルトは40kgf/ m㎡までは切れませんが、ボルトとして機能させるためには32kgf/ m㎡までが限度となります。

外力の作用も考慮する

ナットは、機械などの組み立てに使用される部品の一種です。中央部分に雌ネジと呼ばれるものが付いており、ボルト・小ねじなどの雄ネジ部品と組み合わせて使用します。
常にボルトやネジと一緒に用いられ、単独で使われることはないというのが最大の特徴です。ナットの種類の中でも代表的なものは、六角柱の形をした「六角ナット」です。
建物の外壁や機器などに使用されているもので、誰でも一度は目にしたことがあるはずです。この六角ナットは1種・2種・3種という3つの種類に分かれていますが、日本で一般的に流通しているのは1種のナットです。1種は片方が面取りされて平らになっており、2種は両面が面取りされています。3種は両面とも面取りされていますが、1種や2種よりも薄い形状となっています。
東京都北区にある当社では、ネジ販売会社として、ゆるみ止めネジやタッピンネジ、化粧ネジなど様々なネジをご用意しております。都内はもちろん、埼玉県など北区周辺の他県からもお気軽にご利用ください。また、東京本社のほか静岡県や富山県にも営業所を構えておりますので、静岡や富山でネジ販売会社をお探しならぜひご利用ください。

東京でネジ販売なら【森商事株式会社】 概要

会社名
森商事株式会社
本社住所
〒114-0001
東京都北区東十条1丁目6-16
電話番号
03-3913-3340
FAX番号
03-3913-3200
メールアドレス
ms@morishouji.co.jp
URL
http://www.morishouji.co.jp/
事業内容
ネジ及び工業用ファスナー全般、機械加工品、機械工具や各種副資材、産業機器の販売。
説明
東京都北区に本社のある『森商事株式会社』は、ネジ・ボルト・ナットの販売をはじめ工業用の副資材・産業機器を販売しております。化粧ネジ・タッピンネジ・木ネジ・ドリルネジ・各種ボルトなど各種ネジ及び工業用ファスナーを中心に幅広い商品を取り扱っております。