2021.03.01

規格2-1 メートル並目ねじ

メートル並目ねじは、一般機械の部品の固定に多く使われています。ねじの山と山の間隔のことをピッチと言い、ピッチはJIS規格などで、ねじの太さに対して間隔が決められ、その最も標準のピッチのものを並目と言います。

 ここでは、メートル並目ねじの規格を掲載しています。
JIS
B 0205-1997
メートル並目ねじ
メートル並目ねじの基準寸法
単位mm
ねじの呼び
ピッチP
ひっかかりの高さ
H1
めねじ
1欄
2欄
3欄
谷の径D
有効径D2
内径D1
おねじ
外径 d
有効径 d2
谷の径 d1
M1
0.25
0.135
1
0.838
0.729
M1.1
0.25
0.135
1.1
0.938
0.829
M1.2
0.25
0.135
1.2
1.038
0.929
M1.4
0.3
0.162
1.4
1.205
1.075
M1.6
0.35
0.189
1.6
1.373
1.221
M1.8
0.35
0.189
1.8
1.573
1.421
M2
0.4
0.217
2
1.74
1.567
M2.2
0.45
0.244
2.2
1.908
1.713
M2.5
0.45
0.244
2.5
2.208
2.013
M3
0.5
0.271
3
2.675
2.459
M3.5
0.6
0.325
3.5
3.11
2.85
M4
0.7
0.379
4
3.545
3.242
M4.5
0.75
0.406
4.5
4.013
3.688
M5
0.8
0.433
5
4.48
4.134
M6
1
0.541
6
5.35
4.917
M7
1
0.541
7
6.35
5.917
M8
1.25
0.677
8
7.188
6.647
M9
1.25
0.677
9
8.188
7.647
M10
1.5
0.812
10
9.026
8.376
?M11
1.5
0.812
11
10.026
9.376
M12
1.75
0.947
12.000?
10.863
10.106
M14
2
1.083
14
12.701
11.835
M16
2
1.083
16
14.701
13.835
M18
2.5
1.353
18
16.376
15.294
M20
2.5
1.353
20
18.376
17.294
M22
2.5
1.353
22.000?
20.376
19.294
M24
3
1.624
24
22.051
20.752
M27
3
1.624
27
25.051
23.752
M30
3.5
1.894
30
27.727
26.211
M33
3.5
1.894
33
30.727
29.211
M36
4
2.165
36
33.402
31.67
M39
4
2.165
39
36.402
34.67
M42
4.5
2.436
42
39.077
37.129
M45
4.5
2.436
45
42.077
40.129
M48
5
2.706
48
44.752
42.587
M52
5
2.706
52
48.752
46.587
M56
5.5
2.977
56
52.428
50.046
M60
5.5
2.977
60
56.428
54.046
M64
6
3.248
64
60.103
57.505
M68
6
3.248
68
64.103
61.505
注1 1欄を優先的に、必要に応じて2欄、3欄の順に選びます。
注2 ただし、この表にある規格が製品化されているとは限りません。
ねじの呼び
ピッチP
ひっかかりの高さ
H1
めねじ
谷の径D
有効径D2
内径D1
おねじ
外径d
有効径d2
谷の径d1
M1.7
0.35
0.189
1.7
1.473
1.321
M2.3
0.4
0.217
2.3
2.04
1.867
M2.6
0.45
0.244
2.6
2.308
2.113