2021.03.16

切削加工に使用される鋼

「硫黄快削鋼鋼材」 SUM**
一般的に「快削鋼」と呼ばれています。S(いおう)を多く添加することによって被削性を向上させた低炭素鋼です。またPb(鉛)の添加によってさらに被削性を向上させたものもあります。引張強さの規定はありません。切削は良好ですが、曲げ加工には向きません。 また溶接加工性も良くありません。

「一般構造用圧延鋼材」 SS**
低炭素鋼です。C(炭素)とMn(マンガン)の成分量にとくに規定は無く、P(りん)とS(いおう)の上限が0.05%と定められているだけです。引張強さの規定はあります。溶接加工も可能で、曲げ加工も可能です。代表鋼種は、SS400です。