2021.03.30

ステンレスは溶接できるのか

溶接加工できますが、特別な配慮が必要です。

〇マルテンサイト系(SUS410など)
急冷による亀裂がおこりやすく、割れなどが発生することもあります。

〇フェライト系(SUS430など)
900℃以上に加熱された部分はもろくなります。

〇オーステナイト系(SUS304など)
溶接金属、および熱影響部の耐食性が悪くなります。
熱膨張率が大きいため、歪みや割れが発生しやすくなります。

なお、切削鋼のSUS303は、溶接には向きません。